聖建築オフィスのトップページへ 宮城県仙台市の一級建築士事務所「聖建築オフィス」へのお問い合わせはこちら プライバシーポリシー 設計、設計・監理、建物診断、聖建築オフィス 建物診断 料金目安 お問い合わせ ブログ 聖建築オフィス会社概要

あなたの判断だけではなく、第3者の専門家により、正しいサポートを受けてみませんか。
あなた(建築主)の立場に立ちプロのコンサルタントにより、インスペクション(建物検査) を受け
あなたの家(財産)の正当な安全性と資産価値を確認しましよう。

@無料相談

ホームページ「相談窓口」にアクセス願います。 お申し込みの場合には、必要事項をお忘れにならないようにお願いします。

お手紙相談

上記以外で説明ができない事情がある場合はお手紙による相談をご利用ください。
ご返信を希望の方は返信用封筒の同封をお願いします。
電話でご返事を希望の場合は電話番号をご記入下さい。
(送付先)〒981−3109 仙台市泉区鶴が丘4丁目17-36
      株式会社 聖建築オフィス 宛

外来相談

直接の相談はあらかじめ予約をお願いします。
予約時にご提示の資料等をあらかじめご案内いたしますのでご用意願います。
相談日時は担当者と打ち合わせて決めさせていただきます。
事務所所在地:  宮城県仙台市泉区鶴が丘4丁目17-36

ページの上に戻る

A契約前相談業務(出張相談)

ご指定の場所に専門家が出張してご相談に応じます。

契約前事前相談

検討対象物件に対する概要のアドバイスを受けたい。
不動産購入時、戸建住宅、マンション購入時に意見を聞きたい。
自分達が設計している件に対しアドバイスがほしい等、検討物件のご相談に応じます。
料金目安はこちら

用地相談

購入予定地、工事予定地に伺い、各調査(近隣状況、環境調査、 土地の状況、建物の法規チェック等)、および予定地の適正評価を指摘、アドバイスを行います。

料金目安はこちら

建物相談

設計、見積に関する事項に対し、設計仕様
(パンフレットに書かれ ている事項、設計図に書かれている事項)、
また 書かれている事項以外の仕様に対するアドバイスを行います。
中古住宅についての各種アドバイスを行います。

料金目安はこちら

現場相談

建物購入前に建物に欠陥があるかどうか知りたい。
中古住宅だがどのくらい耐用があるか、メンテナンスにどのくらいかかるか知りたい。
図面通りの施工なのか、外装材、内装材、設備機器の決定、変更についての専門的なアドバイスを行います。

料金目安はこちら

ページの上に戻る

B建物購入診断(ホームインスペクション)

新築、中古の一戸建て住宅、中古のマンションを購入する方が対象です。次の3点が目的です。

1 不具合の有無を確認するためのインスペクション
 a)構造耐力上必要な部分に影響を与える可能性のあるか。(耐久性、耐震性)
 b)雨水侵入を防止する部分に影響を与える可能性があるか。(耐水性)
 c)生活に必要な機能を損なう可能性があるか。(住宅設備、建具に関する不具合)

2 瑕疵の有無を判断するためのインスペクション
 a)建築基準法の関連法規と合致していないこと。
 b)設計図書と合致してないこと c)契約内容と合致してないこと。

3 依頼者に対するコンサルタント業まで含むもの
 a)上記を踏まえ改修工事を行うのか。
 b)設計を含む改修工事を行うのか。
 c)訴訟を対象にするのか。

新築、中古戸建て住宅

住宅の施工状態および劣化状態を確認します。
項目検査表により建物の床下から小屋裏(天井裏)などの状況を確認、報告いたします。
必要に応じオプションとなりますが「建物構造の状況」「雨漏りの有無」「断熱材の状況」等の目視確認と確認不可部分については別検査項目にて行います。
※中古住宅の耐震診断は「調査、検査業務」で確認ください。

料金目安はこちら

中古マンション

中古マンションの目視検査で、専有部、共用部が対象です。


料金目安はこちら

ページの上に戻る

C内覧会立会い業務(ホームインスぺクション)

マンション、戸建て住宅(建売住宅)購入時の内覧会に同行し 立会い、
物件の評価と診断を行い居住の快適性を確認します。
施工不良によるトラブルを回避し、安心のためのバックアップを行います。

新築マンション内覧会

内覧会チェックリスト(当社製)にて独自検査いたします。
公正な目で適切な診断基準に基づき対応いたします。
施工精度の確認、施工不良個所の確認、設備機器の機能の確認以上を独自診断いたします。

料金目安はこちら

新築一戸建て内覧会

建築主の竣工検査となりますので、仕様書通りに出来ているかどうかを確認するためのものです。
目視にて、建物の内外部の水平、垂直の施工精度の確認、設備機器の 機能の確認を行い、問題がないかどうかを診断をいたします。隠蔽部(床下、小屋裏)等の確認もいたします。
必要に応じオプションとなりますが「建物構造の状況」「雨漏りの有無」「断熱材の状況」等の目視確認と確認不可部分については別検査項目にて行います。

料金目安はこちら

ページの上に戻る

D調査・検査・建物診断サポート業務

あなたの判断を第3者の専門家により、正しいサポートを受けてみませんか。 あなた(建築主)の立場に立ちプロのコンサルタントにより、インスペクション(建物検査) を受けあなたの家(財産)の正当な安全性と資産価値を確認しましよう。 ご指定の場所に専門家が出張してご相談に応じます。

契約前事前相談

契約関連書類を確認し、不良契約による損害を事前に防止するためには 契約書類の検査が必須作業です。
特に契約書に必要な建築設計図、仕様書等へのアドバイスもいたします。
料金目安はこちら

地盤調査

設計において重要な項目の一つに地盤調査があります。
この項目は予算を決めるうえでの重要項目の一つです。地盤が悪いと 杭工事や地盤改良工事等で工事費に大きな影響がでるからです。
建物を支える地盤の支持力(地耐力)により、基礎の形式、形状が定められているからです。地盤が悪いと工事費が増大し、思わぬ負担になりかねません。
地盤調査は事前敷地調査のうえで、各種の地盤調査が必要になってきます。
料金目安はこちら

戸建住宅耐震診断・耐震補強

1981年(昭和52年)に建築基準法が大改正され、新耐震設計法の規制の枠がはめられました。木造住宅の耐震性能はは大きく向上していますが2000年以前の木造住宅の場合は特に接合部、床構面等の問題が残りいまだ 十分だとはいえない状況です。
今後数十年中には大地震が東北地方に起きるであろうといわれている昨今 特に中古住宅、又は新築住宅でも安心して長期に使用していくためにも 耐震診断は必要です。
診断後の耐震補強は必要に応じ行わせていただきます。
※宮城県・仙台市の場合は一般耐震診断の場合は県・市の助成が受けられますので、自己負担が軽微で済みます。(14,580〜17,280円程度)
県・市への助成手続きも行いますので、一報をお待ちします。
料金目安はこちら

既存住宅現況検査調査(中古住宅インスペクション)

中古住宅の売買時には第三者による建物検査(インスペクション)が義務づけられるようになりました。中古住宅の購入時に対する不安を低減して、住宅の現状を把握できます。 長期優良住宅リフォーム推進事業の工事前インスペクションとしての内容把握ができる検査です。 戸建住宅(木造・鉄骨造)、共同住宅「マンション」(鉄筋コンクリート造)を含む中古住宅全般の検査・報告をいたします。

料金目安はこちら

ページの上に戻る

E新築戸建住宅欠陥建物予防業務(ホームインスペクション)

工事中の手抜き、ミスによる欠陥の予防、不具合の早期発見にて
工事の修正による施工品質の確保をいたします。
欠陥住宅を造らないため、予防のために効果ある検査システムです。
工事着工から竣工まで工事現場に行きチェックを行います。
料金目安はこちら

在来工法                       2×4工法

下記項目により品質管理を行います。
 【 1】各種書類、図面チェック
 【 2】施工業者への検査説明(地鎮祭時点)
 【 3】建物位置、建物高さ確認
 【 4】基礎配筋検査
 【 5】コンクリート打設検査
 【 6】土台据え付け、上棟検査
 【 7】構造金物検査
 【 8】雨仕舞防水検査
 【 9】断熱検査
 【10】外装材、内装下地検査
 【11】完成検査(内覧会)
 【12】再度完成検査
 【13】最終報告書提出
下記項目により品質管理を行います。
 【 1】各種書類、図面チェック
 【 2】施工業者への検査説明(地鎮祭時点)
 【 3】建物位置、建物高さ確認
 【 4】基礎配筋検査
 【 5】コンクリート打設検査
 【 6】1階床組み検査
 【 7】2階床組み検査
 【 8】躯体検査、上棟検査
 【 9】構造金物検査
 【10】雨仕舞防水検査
 【11】断熱検査
 【12】外装材、内装下地検査
 【13】完成検査(内覧会)
 【14】再度完成検査
 【15】最終報告書提出
ページの上に戻る